無相創

Buaisou

1E5A6485

設計事務所様からご依頼いただいたテーブルを製作いたしました。
天板はこね板という古材を使用しております。
こね板は、まさにこの上で何かをこねるための板で
例えば麺類やパンなどを作るときに使われます。
当店でご用意しているこね板の中から
お客様がお好みのものをお選びいただき
天板に加工しました。
天板は、ブライワックスという蜜蝋仕上げです。
ブライワックスは熱いものを乗せると
痕が付くことがあるため、通常は使用しませんが
今回は、お客様の同意のもと蜜蝋仕上げにしました。
脚は出来るだけ主張させたくないというご要望により
構造上問題がない中での、細めの角パイプをご提案いたしました。
こね板の底には、反り止めのための桟がついていますので
それを違和感が出ないようにカットし、
断面を銅板でカバーしました。
華奢な線で均一な脚と、味わい深いこね板の相反する個性が
互いを引き立て合う、世界観のあるテーブルになりました。

寸法 D950×W970×H720mm
鋼材 角パイプ22mm他
天板 古材
オプション アジャスター

1E5A6522

1E5A6545

オーダー家具|過去のブログはこちら

1E5A6039

デザイン事務所様からのご依頼で製作したL字フレームテーブルです。
以前にも什器を製作させていただきました。
この度もご依頼いただきましてありがとうございます。
とても光栄です。

今回は、大きな紙を収納できる
棚のついたテーブルが欲しいというご要望でした。
そして棚の中央には、空間を分けるための
取外し可能な仕切りをつけたいというオプションもありました。
仕切り部分をどのような仕組みにしようかと思案し
“レールを作って、そこに鉄板を入れようか”
“それともネジを使ってみようか”
などと、ぐるぐるイメージを巡らせていたところ
お客様より”マグネット式はどうだろう”というアイディアをいただきました。
自分の発想が凝り固まっていたことを恥ずかしく思いますが
とても理にかなった、この方法を拝借させていただきました。
臨機応変に柔軟なご提案が出来るよう、精進いたします。

さて、本題からやや逸れてしまいましたが
この仕切りはマグネット式ですので、
棚の中央だけではなく、テーブルの天板以外でしたら
何処にでも移動と固定ができます。
また、無骨でインダストリアルなイメージを出すために
太めのL字フレームを使用しました。

寸法 D750×W1600×H780mm
鋼材 L字アングル30mm/40mm他
天板 オーク材
オプション 棚/仕切り/アジャスター

1E5A6058

1E5A6071

1E5A6049

オーダー家具|過去のブログはこちら

1E5A6110

ご依頼いただいたアイアンワゴンが完成いたしました。
アイアンシェルフと同じ構造のフレームに、キャスターがついた可動式のワゴンです。
ご要望により、フレームの一部にサイドバーをおつけしました。
タオルや道具を掛けるためのバーですので、少し高めの位置に設定しました。

棚板はクルミ材です。
クルミ材は経年により赤みの少ない、やわらかな濃茶色へと変化します。
キッチンでご使用いただけるということで、
道具を収納する棚であり、
食事の支度の合間に訪れるコーヒーブレイクのテーブルであったり
お客様にとって、使い勝手の良いワゴンになって欲しいと思うばかりです。

寸法 D480×W600×H550mm
鋼材 L字フレーム25mm他
棚板 クルミ材
オプション サイドバーφ6mm/キャスター/ウレタン塗装

1E5A6108

1E5A6088

1E5A6121

オーダー家具|過去のブログはこちら

1E5A6133

ご依頼いただいたアイアンシェルフが完成いたしました。
L字フレームの太さは標準の25mmで、
脚の先端にはアジャスターをお付けしました。
アジャスターは、フレームと同素材の鉄板から丸く切り出して、
ひとつづつ製作しています。
30mm程度の高さ調節が可能です。

棚板はクルミ材です。
クルミ材は経年により赤みの少ない、やわらかな濃茶色へと変化します。
緩やかに変化する色合いをお楽しみいただける木種です。

寸法 D480×W950×H1070mm
鋼材 L字フレーム25mm他
棚板 クルミ材
オプション アジャスター/ウレタン塗装

1E5A6154

1E5A6141

1E5A6131

オーダー家具|過去のブログはこちら

1E5A5682

ハンドメイドシルバーアクセサリーアトリエショップ”MEQUIN“さまより
ご依頼いただいた看板が完成し、先日お納めしました。
厚み9mmの鉄板をT字に溶接した、とてもシンプルなデザインです。
塗装はベンジャミンムーアのマヨネーズというオフホワイトに近い、つや消し塗料を使用し、
ロゴはつや有りのダークグレーで仕上げています。
MEQUINさまのアトリエショップは、下北沢駅西口から徒歩5分の場所にあります。
そこは下北沢5120という建屋の一角にあるスペースで、
下北沢の賑やかなイメージとは一味違う、落着いた静かな時が流れています。
先月9周年を迎えられたということで、10年目の新たな時間と共に
看板として、しっかり役割を果たして欲しいと願うばかりです。

寸法 D200×W270×H689mm
鋼材 鉄板t9mm

1E5A5696

1E5A5687

オーダー家具|過去のブログはこちら

1E5A5993

縁は繋がっていて。また人は、過去にも未来にも繋がっていると言うコト。

1E5A5879

ワークショップスペース側から見たショップスペース。
それはまだ、ここにあるべきものが入っていない箱。
楽しみな青い扉の向こう側。

1E5A5787

下北沢にオープンする鉱物ショップ”Pilot bird”さんのお引き渡しが5月1日に完了しました。
仕上がりをお気に入り頂き、追加の工事依頼のお話も頂戴し、より一層気持ちを引き締めております。
空間の色は、白と青と金のハーモニーです。
ワークショップスペースは5月中旬から。ショップスペースは6月上旬からオープン予定。

1E5A6027

水晶と雲母を使った左官壁。川のようにも、樹のようにも見えます。